いとちま家のあれこれ。

長女イチコ(小5)・長男ニオ(小2)・次男サンオ(1歳)子育て中の歯科衛生士ママの雑記ブログです☺️

1歳半健診!ずーっと泣いてたけど、なんとか出来ました!

 

少し前になりますが、うちの次男サンオくんの1歳半健診に行って来ました(^-^)

 

泣くだろうなぁ~とは思ってましたが…

本当に見事にずーっと泣きっぱなしでした(笑)

 

今回はそんな、泣きながらも頑張ってきた1歳半健診でのサンオくんの様子を書いていこうと思います(^-^)



f:id:itochima:20210621132317j:image

健診に行く前のめちゃくちゃ元気なサンオくんと旦那手作りのコッシー

 

 

会場到着!受付!

駐車場から会場まで、意気揚々と歩きだしたサンオくん。

 

しかし、会場に入り、人の多さにビビり、すぐに抱っこを求めてきました。

 

抱っこすると、ぎゅっと私の腕をつかみ、周りを見ないように固まるサンオくん

 

そのまま受付で母子手帳問診票を出し、呼ばれるまで待つことに。

 

微動だにしないサンオくんに話しかけてみました。

「大丈夫だよ。ここは優しいお姉さんがサンオくんが元気に大きくなったかみてくれるところだからね!ママがいるから大丈夫だよ」

 

すると、今まで我慢していた緊張がとけたのか、一気に大泣きしました(>_<)

 

その場には5組ほど他の子もいましたが、意外にも誰一人泣いていない…

 

一気に注目の的に…(笑)

 

とりあえず優しく声をかけ続け、名前が呼ばれるのを待ちました。

 

 

問診

はじめは問診票を見ながら、生活リズムや食生活、成長面や保育状況など、問題がありそうな項目をチェックされました。

 

うちは、言葉指しゃぶりの項目でひっかかりました。

 

 

計測

計測する部屋に行き、サンオくんの靴と洋服を脱がそうとするも泣きながら拒否(>_<)

 

もう、サンオくんの顔は恐怖で強張ってました(笑)

 

無理やり脱がせ、保健師さん2人がかりで押さえつけられ、どうにか身長と胸囲、頭囲を計りました(;´д`)

 

身長79,2cm

体重9,6kg

胸囲46cm

頭囲47,9cm

 

 

内科の診察

内科の先生は、サンオくんのかかりつけ医の先生でした。

 

「今日は注射じゃないよ~」

と笑顔で声をかけてくれたものの、先生の顔を見た瞬間にさらに大泣きしました(ToT)

 

サンオくんの泣き声で、先生が何を言ってるかほとんど聞こえませんでしたが、まぁ、特に問題なさそうでした!

 

 

保健師さんとのお話

次は保健師さんとの詳しいお話タイムでした。

 

☆言葉について

サンオくんはまだ4、5個の単語しかしゃべれない、しかもその言葉もはっきり発音はできていない「ママ、パパ」が言えない

「一応2歳頃に電話で状況を確認させてもらいますね!」

ということで、要観察になりました。

 

☆指しゃぶりについて

日中もずっと指しゃぶりをしているようだったら心配だけど、寝る前だけならまだ大丈夫でしょう!ということでOK!でした(^-^)

 

☆積み木と指差し

最後に積み木指差しで発達具合のチェック!

 

「積み木で遊ぼうね!こうやって積んでみて~」

保健師さんに優しく言われるも、泣きながら全力で拒否

私に顔をうずめて、何にもできませんでした(笑)

 

「おうちではできますか?」

と聞かれました。

 

家では余裕でできるので、「できます!」と即答しました。

 

「一応最後にもう一度やりますね~」と言われ、積み木は終了。

 

次に、車や犬などの絵が6個書かれた紙を見せられ、指差しができるかのチェックです。

「車はどれかな~?」

「わんわんはどれかな~?」

「バナナはどれかな~?」

と聞かれ、大泣きしながらもなんとか全部指を指してくれて、無事に終わりました!

 

 

生活リズムも整ってるし、少食だけど成長曲線の範囲内だし、子育てをサポートしてくれる人も周りにいるし、他は特に問題なさそうでした!

 

 

歯科の診察

次は歯科の診察。

 

…まぁ、泣きますよね(笑)

 

大きい口を開けて泣いてくれればいいものを、頑なに口を閉じたまま泣いてたので、先生が苦労してるのがわかり、申し訳ない気持ちでいっぱいでした(;´д`)

 

ちょっと口を開けた隙に、さっと見てくれくれました。

 

上D~D、虫歯なし!

下D~D、虫歯なし!

噛み合わせOK!

 

なんとか歯科の診察も終えることができました!

 

 

 

ここまで、謎にオムツ一丁のすっぽんぽんでした(笑)

 

洋服を着せ、靴を履かせると、少しだけ泣くのが落ち着いてきました。

 

 

最後にもう一度保健師さんとのお話

やっと、泣くのが少しだけ落ち着いてきたかな?と思ったのも束の間、最後にさっきとは違う保健師さんとのお話です。

 

…まぁ、また泣きますよね(笑)

 

計測の結果が記入された成長曲線を見せてもらい、ちゃんと成長してるから大丈夫と言われました。

 

他にも色々言われたと思うんですが、サンオくんがずーっと泣いてて保健師さんの声がよく聞こえないし、私も疲れてきちゃったので、このへんの記憶はすでにあやふやです(笑)

 

まぁ、言葉以外は特に問題がないようでした!

 

最後の最後に、もう一度、サンオくんの前に積み木が出されました。

 

サンオくんは積み木を見た瞬間に、泣きながら積み木をケースに戻していました(笑)

 

保健師さんがもう一度出して、「つんでみせてね~」と優しく言ってくれるも、またまたケースにしまうサンオくん(^_^;)

 

「おうちではできるんですよね?まぁ、しまうことができるなら大丈夫でしょう!」

ということで、なんとか積み木もクリアできました!!

 

これで全て終了です\(^o^)/

 

外に出ると、やっと泣き止みました。

 

サンオくんも私も疲れはてたので、外にある自動販売機でお茶を買い、その場でしばらく休憩しました(笑)

 

「いっぱい泣いちゃったけど、頑張って偉かったね!かっこよかったよ!」

と言うと、サンオくんはお茶を一生懸命飲みながら

「うん!!」

と大きく頷きました(^-^)

 

 

感想

いや~、疲れました(笑)

 

泣くだろうなぁ~とは思ってましたが、まさか最初から最後まで泣きっぱなしとは!

 

泣き声であまり保健師さんや先生たちの声が聞こえなかったし、「うちだけ泣いてる…どうしよう(>_<)」ってずっと思ってたから、あたふたして、あっという間に終わっちゃった感じです。

 

いや、本当に、他に泣いてる子があんまりいなかったんですよ!!

 

なんでうちだけあんなに泣いてたんだろ??

 

いや、逆に、なんで他の子は泣かないでいられるんだろ??

 

謎だ…。

 

 

うちにとってはきっと最後の赤ちゃんであろうサンオくん。

 

最後の1歳半健診をもっと楽しみたかったなぁ(>_<)

 

けどサンオくんが元気に成長しているのがわかって良かったです(^-^)