いとちま家のあれこれ。

長女イチコ(小5)・長男ニオ(小2)・次男サンオ(1歳)子育て中の歯科衛生士ママの雑記ブログです☺️

【7才・小2】歯医者さんで初めて乳歯を抜く。ドキドキの麻酔初体験!

 

うちの長男、小2のニオくん。

 

まだ7才なのに、10~12才で抜けるはずの歯が、6歳臼歯に押されて、揺れ始めて、かけてきてしまいました(>_<)

 

詳しくはこちら↓

chokotame.itochima.com

 

なんやかんやありまして、人生初の抜歯!人生初の麻酔!をすることになりました((( ;゚Д゚)))

 


f:id:itochima:20210524102421j:image


 

いざ!歯医者さんへ!

 前回、歯医者さんにいったときは、行く前から

「歯は抜かないからね!絶対抜かないからね!」

と言い続け…

 

歯医者さんに言ってからは、

「歯、抜かないでね!お願い!」

と先生に言い続けていたニオくん(笑)

 

 

しかし、今回は、ご飯も食べられないほど歯がグラグラで、本人も辛かったみたいで、行く前からある程度覚悟していたみたいです…。

今回は歯を抜こう!と…。

 

歯医者さんに着いてからずっと無言のニオくん(笑)

いつもはとてもおしゃべりなのに…。

たぶん、めちゃくちゃ緊張していたんでしょうね(^_^;)

 

そして、先生に見てもらい、

「これはもう限界だね、抜こう!」

と案の定言われてしまいました。

 

ニオくんは何も反論することなく、うなずきました

 

究極の二択

グラグラの歯を見た先生から、ニオくんにとっては究極の二択が出されました。

 

①結構グラグラだから表面麻酔だけで頑張って抜く!

(もしかしたら抜くとき痛いかもしれないけどね)

 

②あらかじめ麻酔をして、歯を抜くときは痛くないようにする!

(注射痛いかもしれないけどね)

 

悩みに悩みに悩んでいるニオくん。

 

私もニオくんの歯を覗いて見てみると、グラグラはしてるけど、簡単に抜けそうか?と聞かれると、う~ん…と悩む感じ(;´д`)

 

もしかしたら麻酔しないとちょっと痛いかもね…

とニオくんに言ってみました。

 

すると、

「じゃあ麻酔する!」

とニオくん。

 

偉い!

自分から麻酔すると言うなんて!!

 

ここからニオくんの麻酔初体験が始まります!

 

まずは表面麻酔

少しでも麻酔の注射が痛くないように、表面麻酔の薬を塗ることになりました。

 

抜く歯のまわりの歯肉に綿で表面麻酔の薬を塗っていき、しばらく時間をおいて染み込ませます。

 

一応バナナの味がついた表面麻酔の薬。

 

塗った瞬間は平気な顔をしていたニオくんですが、

「苦い!なんかピリピリするし!」

と言い始めました。

 

表面麻酔の薬って結構苦いんですよね(>_<)

 

でも注射の痛みを少しでも取るためだ!

頑張れ(>_<)

 

3分ほどたって、やっとうがいをさせてもらいました!

 

いよいよ注射!!

いよいよ麻酔の注射の出番です!

 

「痛い?痛い?」

何回も先生に確認するニオくん。

 

「まぁね、注射だからね…。でもちょっとほっぺをつねる感じだよ!きゅって!!」

と先生が優しく言ってくれました(^-^)

 

そうなんです、私が前に働いていた歯医者の先生って、めちゃくちゃ優しいんですよ!

患者さんにも、従業員にも!

 

だから、私も安心して子どもたちをみてもらうことができます(^-^)

 

先生に優しく

「大丈夫だよ、なるべく痛くないように、先生も頑張るから」

と応援され、覚悟を決めたニオくん。

 

頑張って自ら口を開けました!

 

私が前に働いていたとき、麻酔をされた瞬間に嫌がって暴れだしちゃう子がいました。

だから、もしかしたらニオくんも麻酔をした瞬間に暴れだすかもしれない(;´д`)と思った私…。

 

咄嗟に、ニオくんと手をつないで、「頑張ってね」と応援してるふりをして、軽く押さえつけました(笑)

いや、心の底から応援はしてましたけどね!

 

いよいよ、針が刺さります!

 

ニオくんが私の手をぎゅっと握ってきました。

 

「頑張れ!頑張れ!」

と言いながら、私もぎゅっと手を握り返しました。

 

意外にもニオくんは微動だにせず、ぐっと我慢しています。

 

しだいにぎゅっと握っていたニオくんの手の力が抜けていきます。

 

(あぁ、よかった。もうあんまり痛くないのかな?偉いな!)

 

と思ったのもつかの間!!

 

歯の裏側の歯肉にも針が刺さります!

 

またまた私の手をぎゅっと握るニオくん。

 

私もぎゅっと手を握り返し、

「頑張れ!あと少しだからね!」

と応援し続けてました。

 

さすが7才のニオくん。

針を刺すのが痛そうな場所なのに、またまた微動だにせず、ぐっと我慢しています。

 

「もう少しだからね~」

という優しい先生の声に、ニオくんの手の力が抜けました。

 

そして無事に、麻酔の注射が終わりました!

 

麻酔を終えて余裕が出てきたニオくん。

 

いつも通りのおしゃべりなニオくんに戻りました(笑)

 

「麻酔のせいで口が変」だの「この機械は何に使うの?」だの、気になったことを片っ端から話していきます(笑)

 

抜歯は、もともとすごくグラグラだったので、すんなり抜けて、あっという間に終わりました(^-^)

 

「麻酔痛かった?」

と聞くと、

「意外と平気だった!」

とニオくん。

 

そして、抜いた歯を誇らしげに持って家に帰り、お姉ちゃんやパパに歯を見せびらかしていました(^^)d

 

ちなみに、麻酔が完全に切れるまで、2時間ほどかかりました!

 

頑張ったニオくんを見て…

おしゃべりなのに、メンタル弱い系男子のニオくん。

 

正直、ニオくんに麻酔は無理だと思ってました(笑)

 

泣いちゃってできなくなっちゃうだろうな…どうしよう…ってずっと思ってました(>_<)

 

それが、自ら麻酔をするって決めて、麻酔してる間もぐっと我慢していたニオくん。

 

かっこいいなぁ!

成長したなぁ!

と、とても感動しました(^-^)

 

ニオくんは歯並びがとても悪そうなので、これから色々苦労しそうだけど、ニオくんなら乗り越えていけそうだなぁと思いました!!